fc2ブログ
2010-10-30(Sat)

サクラ・ディ・サン・ミケーレ修道院

大天使ミカエルを拝した修道院は、イタリアからフランスに繋がるスーサ渓谷を見下ろす標高962メートルの山の頂上にあります。トリノの東42キロにあるこの修道院へは、トリノから列車に乗って30分弱のアヴィリアーナまで行って、そこから、タクシーで山の頂上まで行くしか方法がありません。しかし、今回は、ミラノから車を出してもらえることになり、約3時間のドライブで行くことが出来ました。

この修道院は紀元983から987年の間に建設されて、もともとはベネディクト会修道院の総本山でした。12世紀にはその影響力が頂点に達して、全ヨーロッパに及ぶ140の修道院を傘下に納めて、ここにも100人以上の修道僧がいたそうです。有名なモン・サン・ミッシェルもその一つで、同じ建築家によって建てられたので良く似ているそうです。サヴォイア家の支配下に入った1622年に、経済状況の悪化により修道院は閉鎖されて、廃墟となっていました。しかし、1836年に聖職者であり哲学者としても有名なアントニオ・ロスニーニに譲られ、それ以降、彼の宗教組織であるロスミニアンの修道院となっています。
この修道院が建っているのは岩山の頂上です。駐車場から登り道を歩くとその全貌が目に飛び込んできて思わず歩きを停めて見入ってしまうほどの迫力があります。
12122009_サクラディサンミケーレ_00612122009_サクラディサンミケーレ_008 12122009_サクラディサンミケーレ_011
建物は山の岩を巧みに利用していますので、修道院の中も外もところどころに自然の岩肌が露出しています。従って、とても頑丈に出来ているようです。10世紀後半に建てられた“悪魔の階段”と呼ばれるロマネスク様式の建物がこの建物の一番下の部分で、その上に12世紀から17世紀に渡って度々改修されたゴシック様式の建物が建てられています。建物全体を下から眺めると天にも聳えるばかりの高さを感じます。
12122009_サクラディサンミケーレ_016 12122009_サクラディサンミケーレ_018 12122009_サクラディサンミケーレ_020

教会の中に入ると、16世紀に描かれたフレスコ画があり、教会の周りには初期(10世紀)建物の遺構が残されています。これらの遺構は戦時中に爆撃のターゲットとされて破壊されたものです。但し、教会の地下部分には、まだ食物の貯蔵庫や井戸が残されています。
12122009_サクラディサンミケーレ_032 12122009_サクラディサンミケーレ_023 12122009_サクラディサンミケーレ_026

修道院に入るには入場料金(4ユーロ)が必要です。入場口から観光用のルートが示されていますのでそれに沿って進めばすべてを見ることが出来ます。また、ところどころに展望台があり、そこから360度の素晴らしいパノラマが望めます。この日は、生憎の曇り空でアルプスまでの展望は望めませんでしたが、それでも標高962メートルからの展望は圧巻です。この修道院の外観も素晴らしいのですが、ここからの眺めもそれに負けていません。何故か、受付には日本語の説明書が用意されていますので日本人の観光客も来るのでしょう。一周するには少なくとも2時間は必要です。
12122009_サクラディサンミケーレ_017 12122009_サクラディサンミケーレ_027 12122009_サクラディサンミケーレ_030
12122009_サクラディサンミケーレ_037 12122009_サクラディサンミケーレ_040 12122009_サクラディサンミケーレ_042

トリノの直ぐ近くなのですが、ここは山々に囲まれた自然豊かなところです。アヴィリアーナの街周辺には2つの湖があり、その近くの丘の上にはお城も見えました。トリノと違って、ここにはゆっくりとした時間が流れています。できれば、その中に浸りゆっくりとしたいところでもあります。
12122009_サクラディサンミケーレ_002 12122009_サクラディサンミケーレ_003

今回は、ミラノから車で3時間掛けてここまで来ましたが、公共交通機関を利用して、ミラノから日帰りはかなり難しいと思います。トリノから列車で約25分のアヴィリアーナ(片道2.2ユーロ)までは、ミラノ中央駅からだとトリノ乗換を入れて3時間以上はかかると思います。加えて、アヴィリアーナ駅からタクシーを半日チャーター(100ユーロ弱必要?)しないと行くことが出来ませんので、経済的にもお勧めできません。ですから、ここは、トリノをベースに観光するのがベストだと思います。トリノからなら、半日又は1日のツアーがあると思います。また、1週間パスを使って、列車で来ても良いかもしれません。
スポンサーサイト



2010-10-30(Sat)

フィレンツェ

ピサから花の都フィレンツェまでは1時間強でした。この日は、連れの人たちをウフィツィ美術館に連れて行き、その後、夜のミラノ行きユーロスターまで3時間ほど一人で花の都を歩きました。当然ながら、とても、街中を歩き回る時間はありません。フィレンツェにはこの日を含めて数回来ていて主要な観光地は既に訪ねています。従って、歩き回るにしても、観光よりもどちらかというと街の雰囲気を味わうことに趣をおきました。

いつ来てもフィレンツェの街は観光客で溢れています。この街には、それだけの理由があります。ルネッサンスの街と呼ばれるところはいくつかありますが、フィレンツェに肩を並べることが出来るところはありません。この街は別格なのです。イタリア旅行の目玉は、ローマ・ヴェネツィア・フィレンツェと言われますが、この3都市は、世界中の観光地の中でも別格だと思います。この街に来るたびに、絶対に通るところはサンタ・マリア・ノッヴェーラ教会前の大きな広場(イタリア統一広場)です。ここはフィレンツェの玄関であり、最後の別れの場所でもあります。何回も来たこの広場には愛着を感じます。
18072010_F02_フィレンツェ駅前_002 18072010_F03_SMノヴェーラ教会_002 18072010_F03_SMノヴェーラ教会_004

サンタ・マリア・ノッヴェーラ教会前からドゥオモまでとドゥオモとシニョーリ広場の間は、相変わらずすごい人です。今回は、ウフィツィ美術館からシニョーリ広場に戻るとヴェッキオ宮殿が開いていましたのでそこを覗いた後に、ポンテ・ヴェッキオを渡り、ピッティ宮殿まで歩きました。観光客の波はここまでずっと続いていました。
15112009_03_フィレンツェ_006 15112009_03_フィレンツェ_012 15112009_03_フィレンツェ_016
15112009_03_フィレンツェ_018 15112009_03_フィレンツェ_034 15112009_03_フィレンツェ_035

観光客の少ないアルーノ川沿いの道は気持ちが良いのでいつも歩きます。この日は、ポンテ・ヴェッキオからシニョーリ広場の先まで川沿いを歩いて、そこから旧市街の細い路地を通ってサンタ・クローチェ教会まで行きました。この頃には、日も沈んで夕暮れの教会がとても綺麗でした。このあたりの路地裏には古い革屋さんがたくさんあります。ここでもバッグや靴等の革製品は高価なのですが、ブランド街とは違う下町の雰囲気が残っていて歩くのが楽しいところです。
15112009_03_フィレンツェ_043 15112009_03_フィレンツェ_054 15112009_03_フィレンツェ_050

また、ドゥオモに戻りドゥオモ内を見学した後、今度は北方向に進み、サン・ロレンツォ教会の横からメディチ家礼拝堂がある裏通りに入ります。ここはフィレンツェの市場(メルカート)がある通りで、いつも安い露天商が並んでいます。初めてフィレンツェに来たとき、ホテルがこの直ぐ近くでしたので、懐かしさを感じる通りでもあります。
15112009_03_フィレンツェ_007 15112009_03_フィレンツェ_010 15112009_03_フィレンツェ_005

ほんの3時間の街歩きでしたが、フィレンツェの雰囲気を充分に味わえました。もしフィレンツェをじっくりと見たいなら、少なくとも2,3日は必要です。どんなに時間がない人でも、絶対に見なくてはいけないのはウフィツィ美術館です。ここも原則として予約制なのですが、列に並んでいれば予約なしでもほとんど入れます。ここにはルネッサンスが詰まっています。他にも見所はいっぱいありますが自分の行きたいところを自分で選んで行くことをお勧めします。また、フィレンツェから、ピサ、シエナ、サン・ジミニャーノ、ルッカ、アレッツォ、アッシジ等へ日帰りツアーも出来ますので、この周辺だけで1週間くらいの旅を計画してみてはどうでしょうか。

フィレンツェまでは、ミラノ中央駅から1時間間隔でユーロスターがあります。今や、所要時間も1時間45分ですので、お金さえあれば、簡単に行くことが出来ます。但し、料金は片道52ユーロとちょっと高価です。でも、日本に新幹線に比べればずっとお得です。
2010-10-30(Sat)

ピサ

ミラノから、ジェノヴァ(リグーリア州)及びピサとフィレンツェ(トスカーナ州)と周る1泊旅行をしました。但し、一緒に旅をした人(日本からの旅行者)たちは、フィレンツェでもう1泊したのですが、次の日から仕事があったので、彼らをウフィツィ美術館に送り届けて、一人でフィレンツェを駆け足で周って、その日の夜にミラノに戻ってきてしまいました。ジェノヴァは報告済みなので、今回はピサだけの報告です。

1泊した後、ジェノヴァを朝の8時前に出るインターシティでピサ・チェントラーレ駅に到着したのはまだ10時過でした。ミラノは肌寒い霧に包まれた11月中旬でしたが、ピサはセーターも要らないくらいです。駅に着くと観光客がいっぱいで、ほとんどの観光客がフィレンツェから列車で来ているようです。駅のタバッキでミラーコリ広場までのバス・チケット(片道1ユーロですが往復分を買いましょう)を購入して、駅前から出る観光客でいっぱいのバスに乗りミラーコリ広場へ向かいます。観光客は、ほぼ全員がミラーコリ広場に行きますので、その流れに乗れば良いだけなので何も心配は要りません。7,8分で城壁の前の広場に到着して、直ぐに城壁の門を潜って中に入りますと、やはり、最初に目に飛び込んでくるのがピサの斜塔です。斜塔の前で写真では、毎度おなじみの、斜塔を支えるようなポーズで写真を撮っている観光客でいっぱいです。日本人だけではなく世界中の人が同じポーズで写真を撮っていましたので、安心して、同じポーズで写真を撮りました。
15112009_02_ピサ_003 15112009_02_ピサ_030 ピサ・斜塔2

本当は、ここに着いたら直ぐにチケット売り場に行くべきなのです。斜塔の入場券(15ユーロ)は予約制なので、早く買わないと入場時間が遅くなります。でも、観光客が多い割には、30分後の入場券を直ぐに購入できました。平衡感覚を失うくらい傾いている斜塔に登るのはなかなか味わえない経験です。それに、斜塔の上から、ドゥオモや洗礼堂を上から見る景色とその先にあるトスカーナ地方の田園風景もなかなかのものです。
15112009_02_ピサ_007 15112009_02_ピサ_023 15112009_02_ピサ_020

ピサのドゥオモは、さすがに4大海洋都市国家のひとつだったピサだけあって、非常に立派です。でも、残念ながら内部は撮影禁止でした。
15112009_02_ピサ_025 15112009_02_ピサ_026 15112009_02_ピサ_024

ドゥオモの正面には洗礼堂があります。ここは入場料(5ユーロでした)を取られますので、内部の撮影も問題ありません。しかし、斜塔とドゥオモを見た後では、それほどの感動はないかもしれません。5ユーロの価値はないですね。
15112009_02_ピサ_004 15112009_02_ピサ_005 15112009_02_ピサ_027

ピサの観光の目玉は、斜塔、ドゥオモと洗礼堂です。この3つの歴史的な建物が城壁内にバランス良く建てられています。全部が白い大理石で出来ていて、ロマネスク建築ではありますが、ピサ・ルッカ様式と呼ばれている連続回廊アーチ構造が印象的な綺麗な建物です。この建物群を見るだけで、観光客は大満足すると思います。但し、観光客が多すぎます。それに、観光客目当ての土産物屋もすごくいっぱいあります。ですから、何となく、さっさと観光して、さっさと帰りたくなってしまいます。広場でゆっくりカフェを飲むような雰囲気ではありません。それに、入場券が高すぎます。そんなわけで、最小限の観光だけして、駅に戻り、次の街のフィレンツェに向かいました。

今回は、ジェノヴァから西リヴィエラ海岸沿いにチンクエ・テッレを通過して、ピサに入りました(インターシティで2時間半、16ユーロです)が、ピサに来ているほとんどの観光客はフィレンツェから普通列車を使用しています。フィレンツェ・ピサ間は1時間に2~3本の普通列車があり、所要時間は1~1時間20分ほどで、料金は5.8ユーロとなります。本数が多いので時間を気にする必要もなく非常に便利です。他にバスもあるようです。また、フィレンツェから半日と1日のバス・ツアーもありますので、フィレンツェ滞在ベースで計画したほうが良いと思います。ミラノ中央駅からユーロスターでフィレンツェに行き、ピサに行くことも出来ます。この場合は、片道3時間15分~3時間半が必要です。料金はフィレンツェまでが52ユーロでそれに加えて5.8ユーロの普通列車料金となります。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
186位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR