--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-23(Thu)

パヴィア

パヴィアの修道院に行ったときに、パヴィアの街も見てくる予定だったのですが、日曜日だったこともあり、バスの便が少なくパヴィアの街に戻ることが出来ずにミラノに直接戻ってしまったのです。そこで、日を改めてパヴィアの街を訪ねました。駅から石畳の道をヴィットリオ広場に向かって歩くと道はだんだん狭くなり旧市街に入っていくのが良くわかります。カフェの並んだヴィットリオ広場にはブロレットとその横にイタリアで3番目(1番がローマのサン・ピエトロ聖堂で2番がフィレンツェのドゥオモ)の大きさのクーポラが聳えていたと言いたいところですが、クーポラは修復中でありカバーで覆われていました。パヴィアの街は、滞在中に時々通過していますが、このクーポラは最後までカバーで覆われていて一度も見ることができませんでした。修復中なのはクーポラだけではなく、ドゥオモの中も修復中で正面のファサード近くだけしか観光客に公開されていません。イタリアですからいつ修復が終わるのか誰もわからないのでしょうね。このドゥオモは1488年に建設が始まり最終的に完成したのは1989年だそうです。従って、ミラノのドゥオモと同様に500年の歳月をかけて建てられたのですから、修復にも数十年くらいはかかるかもしれません。この立派なドゥオモを見ることが出来るのはいつになるのでしょうか。
10052009_07_ドゥオモ_06 10052009_06_ヴィットリア広場_01 10052009_06_ヴィットリア広場_02

古都パヴィアのシンボルはドゥオモなのですが、他にも観光スポットは数多くあります。ドゥオモからパヴィアの街を流れるテチーノ川に出ると、そこにはコペルト橋があります。屋根付の橋ですが車も通ることが出来る立派な橋です。街中に戻ると、12世紀に建てられたサン・ミケーレ教会は、砂岩で作られて彫刻のあるファサードが印象的です。パヴィアのメインストリートであるストラダ・ヌオーヴォは幅の広い石畳の道で、この道沿いには、あのダ・ヴィンチも学んだといわれるパヴィア大学(14~15世紀)があります。更に進むと保存状態の良い14世紀中旬に建てられたヴィスコンテオ城が見えてきます。この中にはローマ時代の遺物と美術館があります。博物館には木製のドゥオモの模型もありましたが、やはり、いつか本物を見たいですね。
10052009_08_コベルト橋_03 10052009_10_サンミケール教会_02 10052009_13_パヴィア大学_02
10052009_14_ヴィスコンティ城_02 10052009_14_ヴィスコンティ城_13 10052009_14_ヴィスコンティ城_17

ヴィスコンテオ城から駅のほうに歩いていくと、サン・ピエトロ・イン・チェルドーロ教会があります。小さな教会ですが、主祭壇に聖アゴスティーノのアルカという大理石の彫刻が有名です。これで、パヴィアの旧市街を一回りしたことになります。この旧市街のコースには新しい建物もなく、印象深い散策コースとなっています。博物館や美術館も見ながらでも4時間くらいで回れますのでお勧めです。
10052009_15_サンピエトロ教会_02 10052009_16_県庁通り_02 10052009_04_パヴィア駅_02

ミラノへの通勤圏であるパヴィアは、朝の8時過ぎまで及び午後は列車の本数も多く、ロゴレド駅から1時間に2本ほどで、所要時間15~25分で到着します。料金も普通列車なら3.05ユーロと格安です(インターシティですと6.5ユーロになります)。但し、午前10時と11時台の列車はロゴレド駅を通過してしまいますのでミラノ中央駅から乗ることになります。パヴィア方面の列車は、ヴォゲーラ行きやジェノヴァ方面に行く列車となります。マントヴァやピアチェンツァ方面への列車はパヴィアを通りません。ミラノへの戻りは、午後なら1時間に1,2本の列車がありますので心配しなくても大丈夫です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
85位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。