--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-14(Fri)

イタリアの観光地のランキング、その20(ミラノのローマ遺跡)

さて、今回はガイドブックにも載っていないミラノのB級観光地です。ローマ時代からの古い街であるミラノの街には、とんでもないところにローマ時代の遺跡があります。もちろん、ローマやポンペイのローマ遺跡とは比べ物にならないほど規模も小さく管理もされていません。また、ミラノの他の観光地ほどの価値もありませんので、そんなところを見に来る観光客はほとんどいません。それに加えて、歴史のある大きな街ミラノはローマ時代から中世・近代までの発展にともない、古い時代のものは一番下に埋もれてしまって、それとわかるような遺跡はほんの一部しか見ることが出来ないのです。それでも、ミラノの街並みを楽しみながら歩いていて、時々、そんな遺跡を目にすると、ミラノの歴史を感じて嬉しくなってきます。それでは、ミラノの街のローマ遺跡巡りの開始です。

ミラノは、ローマ時代には、城壁で囲まれていた都市でした。ドゥオモの位置がローマ時代でも中心です。このドゥオモの地域を中心に、東はカイローリ、西はサンバビラの駅とモンテナポレオーネ通り、北はスカラ座の先、南はミッソーリと今のミラノに比べるとかなり小さく纏まっていました。ですから、ローマ時代の城壁の内側が、所謂、ミラノの一番古い旧市街になるのでしょうね。その中には、現在のサン・セボルクロ教会とアンブロジアーナ美術館のところに位置していた公開集会場(フォロ)の他に、考古学博物館の位置にあった馬車の競技場と王宮エリア、その近くに円形劇場、サンバビラの南には公衆浴場等があったようです。城壁の外には大きな円形闘技場がありました。キリスト教の影響が強くなった4世紀には、城壁内には2つの大聖堂と洗礼堂(ドゥオモの地下に眠っています)、城壁外には前々回に紹介したような5つの教会が建てられています。この頃、ミラノは西方古キリスト教の中心であり、西ローマ帝国の首都になっています。
ローマ時代のミラノ(2) ローマ時代の古い教会 21032009_今日のドゥオモ

では、ランキングです。今回は3位までです。

1. ドゥオモの地下に眠るサンタ・テクラ聖堂の一部と聖ジョバンニ・アッレ・フォンティ洗礼堂
03052009_03_ドゥオモ地下_06 03052009_03_ドゥオモ地下_07 03052009_03_ドゥオモ地下_08
前々回に紹介したドゥオモの地下に眠っている遺跡です。ドゥオモの入り口付近に地下へ繋がる階段がありますので、入場料を払って中に入ります。歴史のあるドゥオモよりもさらに古いこれらの遺跡を見ると、ミラノが如何に古い街であるかを実感させられます。ドゥオモ広場では、地下鉄工事のときにも遺跡が発掘されています。それは、当時あったポルタロマーナまでの屋根つきの幹線道路(カルドマキシムズ)の遺跡だそうです。ドゥオモ広場の地下にあるツアリストオフィスに行くと、説明はありませんがその遺跡が床下に見えるようになっています。

2. 考古学博物館とローマ時代王宮の遺跡
考古学博物館_城壁_01 考古学博物館_城壁_02 王宮遺跡_03
考古学博物館の裏庭に、ローマ時代の城壁と城塔が残っています。従って、考古学博物館が当時のミラノの西端の城壁に位置していたことがわかります。これらの遺跡は、隣接するサン マウリッツィオ教会と旧マッジョーレ修道院の一部として使われていたためにローマ時代のまま壊されずに残っていたそうです。城塔の内部には、修道院時代のフレスコ画が残っています。考古学博物館から東に行くとローマ時代の王宮跡の遺跡があります。このエリアは現在も発掘途上で、数年後にはローマ時代の王宮遺跡の全貌を見ることが出来るでしょう。

3. 円形闘技場の遺跡(アンフィテアートロ・ロマーナ)
07022009_円形競技場_001 07022009_円形競技場_005 07022009_円形競技場_006
サン・ロレンツォ教会の先に円形競技場の遺跡があります。ここは、将来、遺跡公園にする予定とのこと。既に、きれいに整備されていますが、まだ、一部工事中です。博物館が併設されていますので、近い将来、ミラノの観光資源の一つになるかもしれません。

この他にも、ミラノのローマ遺跡はいくつかありますが、何の説明もなく、街歩きをしていると突然目に入り、自分なりに調べないと何の遺跡だか分りません。考古学博物館から南に歩くとトリノ通りの近くに、馬車の競技場の遺跡らしいものがあります。また、東のドゥオモ方面に歩くと、旧証券取引所の地下にローマ時代の円形劇場の遺跡があり、更に、ドゥオモの先のサンバビラ方向には、ローマ時代の公衆浴場の遺跡が広場のモニュメントとして飾られています。公衆浴場から発掘された床のモザイクは考古学博物館にも展示されています。現在、表面にあらわれているローマ時代の遺跡はこれくらいでしょう。しかし、中世や近代に建てられた宮殿や教会の下には、たくさんのローマ時代の建物の遺跡が眠っているはずです。でも、宮殿や教会も立派な歴史的な建物ですから、これからもずっと埋もれたままなのでしょうね。
24012009_09円形劇場 31012009ローマ浴場_01 31012009ローマ浴場_03
ミラノだけでなく、ローマ時代の遺跡は北イタリアにもいっぱいあります。もちろん、ローマやポンペイ及びシチリアや南イタリアに比べると比較になりませんが、それでも、日本人が見ると感激してしまいます。次回は、北イタリアのローマ時代の遺跡を紹介します。
関連記事
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
87位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。