--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-25(Sat)

ブレーシア

ブレーシアはミラノから東80キロほど、ロンバルディア平野の北端に位置している、ミラノに次ぐロンバルディア州第2の街です。とは言っても、旧市街はそれほど大きくはありませんので他のイタリアの観光地の街と同様に歩いて廻ることが出来るほどの大きさです。ブレーシアも観光地としては二流です。特に、この近くにはミラノのレジャー基地であるガルダ湖や世界遺産のヴェローナという有名な観光地があるので、その影に隠れてしまいがちなのです。でも、ミラノからヴェネツィアまでの線上には有名な観光地が目白押しですので、同じくその線上にあるブレーシアが悪いわけありません。実は、個人的には、ブレーシアの街が大好きで、観光地としての価値も非常に高いと考えています。
16052009_02_プレーシア駅_01 16052009_03_メルカト広場_01 16052009_14_マジェンタ大通り_03

実際に、ブレーシアは観光資源のデパートです。ローマ遺跡、中世の宮殿とお城、教会、博物館に美術館とすべてそろっていて、その全部が1級品です。ブレーシアの駅は旧市街の南にあり、駅の南側は、ロンバルディア州第2の都市にふさわしい高層ビルが建ち並んでいます。従って、観光客は南には行きません。駅から10分くらい北に歩くとメルカート広場・ヴィットリオ広場と賑やかな広場に出ます。このあたりから中世の街並が始まり旧市街に入ったことがわかります。ヴィットリオ広場の先にあるロッジア広場に着くと、その昔、ブレーシアがヴェネツィア共和国の支配下にあったことが良くわかります。この広場にある宮殿ラ・ロッジアは、世界遺産に登録されているヴィチェンツァの宮殿群と同様に、パッラーディオによって設計されています。この宮殿の正面には、ヴェネツィアのサン・マルコ広場の時計塔と同じ、2人のムーア人の鐘つきがいる時計塔があります。要するに、この広場で、ヴィチェンツァとサン・マルコ広場の両方が味わえるのです。
16052009_16_ロッジア広場_05 16052009_16_ロッジア広場_04 16052009_16_ロッジア広場_06

時計塔の門を潜り抜けるとドゥオモ広場に出ます。この広場にはブロレットがありその隣に17世紀に建てられたドゥオモがあります。このドゥオモは大きくて立派です。そのクーポラの高さ(大きさではありません)はイタリアで3番目だそうです。しかし、ブレーシアの住人は、この新しいドゥオモをあまり気に入っていません。住人の誇りは、その隣にある12世紀に建てられた旧ドゥオモ(ロトンダ)の方なのです。外観は円筒型のロマネスク建築でシンプルなのですが、1歩中に入ると外観からは想像も出来ないような素晴らしい教会なのです。この教会の中に入ったときの感動は今でも忘れられません。ブレーシアの住人が、何故新しいドゥオモを気に入らないのかがわかりました。
16052009_06_ドゥオモ広場_04 16052009_15_ドゥオモ広場(ロトンダ)_01 16052009_08_ロトンダ(旧ドゥオモ)_06

ドゥオモ広場の裏手にある博物館通りを歩くとローマ遺跡に出ます。そこにはカピトリーノ神殿と円形のローマ劇場があります。更に進むと市立博物館があります。古い修道院を改造して、2つの古い教会とローマ遺跡を一体化したこの博物館は見ごたえ十分です。特に、ローマ時代の遺物、地下の礼拝堂とこの敷地内で発掘されたローマ遺跡は必見です。こんな素晴らしい博物館は、イタリアでもそう多くはありません。
16052009_11_カピトリーノ神殿_01 16052009_11_カピトリーノ神殿_09 16052009_12_サンタジュリア博物館_10
16052009_12_サンタジュリア博物館_02 16052009_12_サンタジュリア博物館_03 16052009_12_サンタジュリア博物館_04

博物館通りの裏手には、丘の上にあるカステッロに昇る道があります。カステッロまでは、かなりきつい登り道ですが、がんばって登るとカステッロから、南にはブレーシアの街全体とその先のロンバルディア平野、北にはアルプスの山々が見渡せます。この絶景が間違いなく疲れを癒してくれます。この他にも、古い宮殿を利用した市立美術館(トシオ・マルティネンゴ美術館)には貴重な絵画のコレクションがそろっています。これらを全部見て廻ると丸1日はかかるでしょう。でも、全部見ても、移動に忙しい上に見るものが多すぎて、結局は記憶に何も残らないかもしれません。滞在時間を考えて、十分に時間の余裕が取れるような計画にしてください。やはり、イタリアの街は、ジェラートを食べながら、カフェでくつろぎながらゆっくりと歩き廻るのが基本です。
16052009_10_カステーロ_11 16052009_10_カステーロ_05 16052009_10_カステーロ_02

ブレーシアに行くには、ミラノ中央駅からユーロスター(ヴェネツィア行き)が便利です。料金は16.5ユーロと割高ですが、朝は9時半まで30分おきに出ていて、わずか46分でブレーシアに到着します。普通列車(ヴェローナ行き)も朝なら8時40分までほぼ1時間おきに出ていて、1時間20分でブレーシアに到着します。料金は5.55ユーロと格安です。ミラノへの戻りは、ミラノまでのユーロスターが1時間間隔で出ていますが、普通列車も1時間に2本ありますので、時間の余裕があるなら格安の普通列車が良いと思います。普通列車は、ミラノ中央駅(地下鉄M2及びM3)行きとポルタ・ガリバルディ(地下鉄M2)行きが交互に出ています。どちらに乗ってもミラノの地下鉄に乗り継ぐことが出来ますので問題ありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
95位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。