--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-28(Tue)

モデナ

今回も世界遺産に登録されている街、モデナを訪ねました。モデナは、12世紀に自治都市として栄えていました。13世紀の後半から、フェッラーラをローマ法王に追い出されたエステ家がこの街に移り住み、フェッラーラに続いてルネッサンスの花を咲かせた街です。1997年に、モデナのドゥオモ、その鐘楼であるトッレ・チヴィカ(ギルランディーナ)とグランデ広場が世界遺産に登録されました。

モデナ駅からドゥオモのあるグランデ広場までは、歩くと15-20分くらいかかります。駅からバスも出ていますので、バスに乗る人も多いようですが、途中の街並、大きくて立派なドゥカーレ宮殿やサン・ドメニコ教会等の観光スポットも通りますので、歩いていくことをお勧めします。モデナのドゥオモは12世紀に建てられた大理石のロンバルディア・ロマネスク建築の傑作といわれています。但し、大理石は、その維持のためにどうしても修復作業が必要になってしまいます。従って、いつもどこかを修復していることになります。ドゥオモの内部に入ると、ミサの最中でしたので、観光では味わえない宗教的な雰囲気が教会内部に漂っていました。ミサ終了後に、くまなく内部を見て周りましたが、やはし、外部とは別世界な神聖な雰囲気を感じます。特に、祭壇の上にあるモザイクが印象的です。
09082009_08_ドゥオモ_04 09082009_08_ドゥオモ_05 09082009_08_ドゥオモ_08
09082009_08_ドゥオモ_09 09082009_08_ドゥオモ_10 09082009_08_ドゥオモ_15

非常に残念だったのは、ギルランディーナです。大理石で出来ている88メートルの高さのドゥオモの鐘楼は、モデナの誇りでもありますが、大理石の修復のためにすっぽりとカバーされていて、全く見ることが出来ません。もう、このような状態になってから2年もたっているそうです。この後も日本に帰国するまで、ギルランディーナはその姿を現していないのです。世界遺産の対象となっているグランデ広場は、その一角をドゥオモとギルランディーナが占めています。従って、すっぽりと覆われているギルランディーナでは、モデナの世界遺産の半分以上が消されてしまっているのです。それでも、世界遺産の広場のカフェでパニーニとエスプレッソでゆっくりとすれば、贅沢な気分に浸ることが出来ます。ちなみに、パニーニとエスプレッソで5ユーロの料金も庶民的で、しかも、カフェの人たちは英語も堪能で非常に親切でした。このあたりが世界遺産の影響なのでしょうか。気を取り直して、グランデ広場の周りの歴史地区を散策し、シナゴークやドゥカーレ宮殿を見て周りました。特にドゥカーレ宮殿は、大きくて立派で素晴らしい建物です。宮殿内は時々公開されているようで、美術館に宮殿内部の写真が展示されていました。外観と同様に素晴らしいようです。出来れば、入場料を払ってでも毎日公開してもらいたいものです。
09082009_10_グランデ広場_06 09082009_13_グランデ広場のカフェ_01 09082009_11_マッツィーニ広場_02シナゴーガ
09082009_12_モデナ街並_07 09082009_07_ヴォトの教会_02 09082009_14_サンジョヴァンニバティスタ教会_01

ちょっと欲求不満状態で、次に、ムゼイ宮殿を利用した美術館に入りました。エステ家の保護の下、ルネッサンスの花が開いた街の美術館です。そのコレクションは見事でした。エル・グレコの描いた小さな宗教画も展示されています。
09082009_16_ムゼイ宮殿_02 09082009_16_ムゼイ宮殿_09 09082009_16_ムゼイ宮殿_07

モデナの街は、世界遺産であるので大きな期待していたのですが、その期待を十分に満足させてはもらえませんでした。その理由は、もちろん、ギルランディーナがカバーで覆われていたことにあります。但し、1997年に10ケ所のイタリアの街が同時に世界遺産に登録されていることに問題があるのではないかとも思います。もちろん、どの世界遺産も素晴らしいのですが、この年は、世界遺産の安売りとも考えられると思います。イタリアには、世界遺産に登録されていなくても、モデナ又はそれ以上の街が数え切れないくらいあります。

ミラノからモデナまでは、ロゴレド駅から朝の7時20分から2時間間隔で普通列車が出ています。また、ミラノ中央駅からインターシティやユーロスターもありますので、都合の良い時間に行くことが出来ます。普通列車では、所要時間が2時間10分で料金は11.9ユーロです。インターシティですと、所要時間が1時間45分で料金が18.5ユーロとなります。ミラノへの戻りは普通列車が2時間間隔であり、その間にピアチェンツァ乗換でミラノまで行く普通列車もあります。インターシティも含めて選択肢が増えます。普通列車ならピアチェンツァ乗換でも11.9ユーロです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
95位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。