--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-17(Sun)

ドモドッソーラ(サクロ・モンテ)

ピエモンテ州の北の端、ヴェルバーノ・クシーノ・オッソーラ県のスイス国境の街がドモドッソーラです。ここからスイスのロカルノまで1時間40分の山岳列車が走っているので、観光客の通過点となっている街でもあります。この国境の街の街外れの丘に、キリストが磔にされたカルヴァリオの丘と同じものを造る目的でサクロ・モンテが造営されました。従って、ここのサクロ・モンテはSacro Monte Calvarioと呼ばれています。キリスト受難は、残酷な描写が多くあまり好みではないのですが、アルプスの麓のこの街の景観に誘われて来てしまいました。
23082009_10_帰りの車窓_01山 23082009_07_街並_04 23082009_04_カッペラ1_03

ドモドッソーラ駅から小さな街を抜けると直ぐにカルヴァリオの丘の麓に出ます。そこはまだ街中なのですが、そこに一番礼拝堂と2番礼拝堂があるのです。丘の登り口にあたる3番礼拝堂では、キリストが十字架を背負っています。要するに、キリストはここから十字架を背負ってカルヴァリオの丘を登り始めるのです。巡礼者もキリストと一緒にここから丘に昇ることで受難を実感できるような礼拝堂の配置になっているのです。特に6番礼拝堂と7番礼拝堂の間は、かなりきつい登り道でしかも距離も長いので、巡礼者は、キリストの受難を感じながらこのきつい登り道を歩き、ほんの少しの苦しみを体に刻み込むのかもしれません。
23082009_04_カッペラ2_02 23082009_04_カッペラ3_02 23082009_04_カッペラ4_01

このカルヴァリオの丘の高台にある広場は聖域となっています。この聖域内には8番からカルヴァリオの丘で磔にされている12番(13番は12番礼拝堂の中にあります)までの礼拝堂があります。
23082009_04_カッペラ9_02 23082009_04_カッペラ6_04 23082009_04_カッペラ9_04

14番の「キリストの墓」と15番の「復活」の礼拝堂がその先にある丘の頂上にあり、そこには6世紀に建てられた古い城もあります。やはり、アルプスの麓にあるこのサクロ・モンテは、頂上からはとても素晴らしい眺めが望めます。
23082009_05_カッペラ13_04 23082009_05_カッペラ15_03 23082009_05_カッペラ15_05

今回、初めて1番礼拝堂から15番までを順番に巡ってきました。3番からはずっと登り道ですが、キリストの受難とは比べようもないほど何とかなる登り道です。それでも登り道のいやな人には、ドモドッソーラ駅から丘の頂上までのバスがあります。しかし、出発時刻が列車の到着時間に合っていない上、本数も限られています(1日に4本ほど)ので余りお勧めではありません。ドモドッソーラ駅から1番礼拝堂までは歩いても10分ほどです。街中を抜けていくのですが、途中に“Sacro Monte Calvario”と表示した黄色の標識がありますので、それに従っていけば、住人に道を尋ねることもなく行くことが出来ます。復路も、昇ってきた道を降って、街中を通って駅に戻りました。アルプスの麓の街は、晴れていれば、周りを山々で囲まれた景色は素晴らしく、とても気持ちがよく散策できます。
23082009_07_街並_01 23082009_05_カッペラ15_06 23082009_05_カッペラ15_07

ミラノからドモドッソーラへは、ミラノ中央駅からの普通列車とユーロシティ、及びポルタ・ガリバルディからの普通列車があります。午前中は9時から11時過ぎまで列車がないのですが、その他の時間帯は1時間に1,2本の列車があります。所要時間は、ミラノ中央駅からの普通列車が1時間半、ユーロシティなら1時間18分です。ポルタ・ガリバルディからの普通列車は2時間強かかります。料金は、普通列車が7.95ユーロでユーロシティが17.5ユーロです。ミラノへの戻りは午後1時台と5時台を除き、1時間に1~2本の普通列車(ミラノ中央駅行きとポルタ・ガリバルディ行き)とユーロスターがあります。この列車はマッジョーレ湖の西岸を通りますので、車窓からはストレーザ駅を過ぎるとボッロメーオ諸島を望めます。もちろん、マッジョーレ湖を過ぎるとアルプスの山々がとても綺麗です。

また、ドモドッソーラからノヴァーラに行く普通列車も2時間に1本ありますので、ノヴァーラ経由でミラノに戻ることも出来ます。このローカル線はオルタ湖の東岸を走りますので、オルタ湖がとても綺麗です。また、車窓からのアルプスの山々がとても素晴らしい列車です。行きはミラノ中央駅からマッジョーレ湖経由で、帰りはオルタ湖からノヴァーラ経由でミラノに戻るような計画も良いかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
101位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。