--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-31(Sun)

ヴィチェンツァ

ヴェローナとパドヴァの間に位置するヴェネト州ヴィチェンツァ県の県庁がある街です。ヴェローナと同様に、ヴィチェンツァもローマ時代からの古い街です。但し、この街の観光資源は後期ルネッサンス(16-17世紀)の建造物です。16世紀の優れた天才建築家であるアンドレーア・パッラーディオの街とも呼ばれているヴィチェンツァの街並は、1994年に“ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオのヴィッラ”として世界遺産に登録されました。その登録名にもパッラーディオの名が記されているように、ヴィチェンツァの主役はパッラーディオなのです。また、昔から今日に至るまで経済的に裕福な街としても有名で、貴金属や宝石の店が多く、今日のブランド店とともに、女性の観光客に人気のある街でもあります。

ヴェローナの次の駅、ヴィチェンツァ駅から5分も歩かないうちに、12,3世紀に建てられたお城と城壁の門を抜けると、そこからはパッラーディオ大通りとなります。名前の通り、この通りにはパッラーディオと彼の弟子によって建てられた宮殿が並んでいます。もちろん、貴金属や宝石の店、ブランド店もこの通りに並んでいます。
27122009_01_ヴィチェンツァ・街並_005 27122009_01_ヴィチェンツァ・街並_008 27122009_01_ヴィチェンツァ・街並_010

パッラーディオ通りを右に入ると街の中心部で、ヴィチェンツァのドゥオモとその先にシニョーリ広場があります。このシニョーリ広場にパッラーディオの最高傑作といわれているバシリカ、及びヴェネツィア総督府のロッジアがあります。このバシリカは、規模は大きいのですが、同じくパッラーディオが設計したブレーシアのロッジアと良く似ています。この広場にはインフォメーションもありますから観光資料を貰ってください。今でも、ヴェネツィア共和国の面影が強く残っているこの広場は、ローマ時代のフォロの上にあるそうで、地下にはその遺跡が眠っているそうです。但し、世界遺産であるパッラーディオの建物の下にあるのですから、このローマ遺跡は、永久に陽の目を見ることはないでしょう。もったいない話です。
27122009_01_ヴィチェンツァ・街並_012シニョーリ広場 27122009_01_ヴィチェンツァ・街並_013シニョーリ広場 27122009_01_ヴィチェンツァ・街並_014シニョーリ広場

パッラーディオ大通りに戻り、更に進むと、大通りの最後にオリンピコ劇場があります。パルマやサッビオネータにある室内の古代劇場なのですが、やはり、天才パッラーディオの設計だからなのか、ここの劇場はより強く印象に残っています。一見の価値があります。
27122009_02_ヴィチェンツァ・オリンピコ劇場_002 27122009_02_ヴィチェンツァ・オリンピコ劇場_015 27122009_02_ヴィチェンツァ・オリンピコ劇場_012

オリンピコ劇場の正面に、同じくパッラーディオ設計の宮殿を利用したキエリカーテ宮殿美術館があります。ここの美術館は、所謂ヴェネト派の画家の作品が集められているのですが、それほど大きくなく作品も多すぎず、飽きることなく絵画を鑑賞できます。この美術館の目玉は、18世紀ヴェネト派最後の巨匠と言われたジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロです。彼のフレスコ画だけを集めた部屋があります。見る人の好みもあるでしょうが、パルマ派(コレッジョ)やマントヴァ派(ジュリオ・ロマーノ)に比べるとインパクトは小さいと感じました。
27122009_03_ヴィチェンツァ・キエリカーティ絵画館_001 27122009_03_ヴィチェンツァ・キエリカーティ絵画館_005 27122009_03_ヴィチェンツァ・キエリカーティ絵画館_007

美術館を出ると、もう一度、ゆっくりと街を歩いてパッラーディオの建物を見直した後、ヴィチェンツァ郊外にあるもう一つのパッラーディオを求めて、田舎道を歩くことにしました。その建物は、街から約1.5キロ、20分弱歩いたところの高台に建っていました。建物はロトンダと呼ばれていて、あのホワイトハウスのモデルになったそうです。この丘の頂点に建つ建物は、丘の下4方向のどこから見ても同じ形をした非常に調和の取れた建物です。パッラーディオの建築はローマ時代の建物のような石柱がポイントとなっていますので、後期ルネッサンスと言うよりもネオ・クラシックなのだと思います。ホワイトハウスだけでなく、ロンドンの有名な建物や日本の国会議事堂でさえもパッラーディオの影響を大いに受けています。そういう意味で、やはり偉大な建築家なのです。
27122009_05_ヴィチェンツァ・ロトンダ_002 27122009_05_ヴィチェンツァ・ロトンダ_009 27122009_05_ヴィチェンツァ・ロトンダ_016

ミラノからヴェローナまでは普通列車が1-2時間に1本出ていますが、ヴィチェンツァはヴェローナの先ですので、普通列車は朝の7時過ぎにヴェネツィア行きが1本あるだけです。従って、ミラノ中央駅からユーロスターが便利です。ユーロスターは朝7時半から9時半まで30分間隔でヴェネツィア(又はその先)行きが出ています。所要時間は1時間50分で料金は22.5ユーロです。ちなみに普通列車だと所要時間が2時間25分で料金は11.25ユーロですから、便利さを考えるとユーロスターを使うべきだと思います。ミラノへの戻りもユーロスターが1時間間隔(夕方の5時と6時は30分間隔)であります。
ヴィチェンツァ駅からバスも使いませんので、日帰りでも十分に観光の時間が取れます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
87位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。