--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-02(Tue)

ヴェルチェッリ

ノヴァーラからトリノ方面へ一駅行くとヴェルチェッリです。列車で前を通ると高く聳えている教会の鐘楼が見えていたので気になっていた街でした。ミラノ周辺の古いキリスト教関連の観光地に行くと紀元4世紀のヴェルチェッリ大司教エウゼビオという名が良く出てきます。従って、古代ローマ時代からその名を知られた街だったのです。中世においては、13世紀までは大司教の下、自治都市として栄えましたが、その後、ミラノ・ヴィスコンティ家の支配下に入り、トリノのサヴォイア家に移り、19世紀の独立戦争では大きなダメージを受けて、現在に至っています。

駅から直ぐに気になっていた高く聳える鐘楼の教会に足を運びました。ここは、サンタンドレア修道院で、聖堂の前方と後方に2つずつ、合計4本の尖塔が聳えています。ヴェルチェッリが、宗教的に力のあった自治都市時代、13世紀初頭に建てられたロマネスク様式からゴシック様式に移る頃の修道院で、その大きさは当時のヴェルチェッリの繁栄を現しています。外見に比べて、内装は非常に質素で、やはり、修道院なのです。
10012010_03_サンタンドレア修道院_02 10012010_03_サンタンドレア修道院_04 10012010_03_サンタンドレア修道院_03

修道院の裏手には、ヴェルチェッリの守護聖人である聖エウゼビオを拝したドゥオモがあります。ここも自治都市時代の12世紀に建てられたのですが、鐘楼以外はバロック様式に建て直されています。従って、鐘楼だけはロマネスク様式です。ここも、内装は質素で、フレスコ画はありません。
10012010_05_ドゥオモ_02 10012010_05_ドゥオモ_03 10012010_05_ドゥオモ_05

この街には教会が多く、その密度はミラノ以上です。ほとんどの教会は15~18世紀に建てられたもので、見た目にも質素な教会でした。その中で、サン・ベルナルド教会だけは12世紀の建造で、サンタンドレア修道院・ドゥオモに次ぐ堂々とした教会です。その先に、街の中心であるカヴール広場があります。広場の周りには如何にも古そうなポルチコで囲まれていて、街の人の憩いの場の雰囲気が漂っています。
10012010_09_サンベルナルド教会_03 10012010_08_カヴール広場_02 10012010_08_カヴール広場_06

カヴール広場からもいくつかの塔を見ることが出来ますが、この街のあちこちに塔が建っています。サンタンドレア修道院の4本の尖塔やドゥオモの鐘楼を入れますと、2,30本くらいはあると思います。一つの塔を目標に市街を歩き廻るのも楽しいものです。
10012010_07_街並_03_市民の塔 10012010_10_街並_01 10012010_10_街並_05 10012010_10_街並_08

この古い街には、もちろん、カステッロもあります。カステッロにも、その四方に城塔が聳えています。この正方形の城は街の真ん中にあります。また、街中には、サヴォイア家時代の宮殿がいくつか建てられていて、街全体が小トリノのようです。北イタリアは、ミラノを中心に、西はフランスの香りの残るサヴォイア家、東は海の香りのヴェネツィア共和国とまるっきり違う文化にはっきりと分かれています。そして、その中間にあるミラノは、そのどちらにも属さない独特の雰囲気を持った街です。同じ北イタリアなのに夫々が違う国のようで、興味が尽きません。
10012010_12_カステッロ_01 10012010_12_カステッロ_04 10012010_12_カステッロ_09

ヴェルチェッリは、ミラノ中央駅から1時間間隔で出ているトリノ行きの普通列車に乗り、ノヴァーラの次の駅になります。所要時間は約1時間で料金は4.5ユーロです。とにかく、駅の直ぐそばにサンタンドレア修道院の4本の尖塔が見えますから直ぐわかります。駅からは歩いて周れるほどの、さほど大きくはない人口53000人の街です。ミラノから近くて列車の便利も良いので、遅い時間になっても、ふらっと出かけることの出来るところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
87位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。