--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-02(Tue)

ソンチーノ

ソンチーノはイタリアの「最も美しい村」に選ばれている人口7500人ほどの小さな街です。ポー川の支流であるオーリオ川(カーポ・ディ・ポンテを流れていた川)の西岸(ミラノ側)に位置しています。ソンチーノの名前は1440年の地図にロンバルディア平野にある城砦の街として既に描かれていました。この辺りの街は9-10世紀のフン族の侵略に備えて要塞化されたようです。ソンチーノも最初の要塞化はその時点と言われています。13世紀にはミラノのヴィスコンティ家の支配の下、オーリオ川を挟んで敵対していたヴェネツィア共和国に対する防御を強化するために、城壁は煉瓦によって補強されソンチーノは完全に要塞化されました。15,6世紀には、ミラノのスフォルツァ家によって砦も建設され、城砦も更に強化されて、今に残されています。

ミラノM3の終点であるサンドナート地下鉄駅からバスに乗り、ロンバルディア平野を横切ってソンチーノの城壁の外側(新市街)でバスを降り、歩いて城壁の中の旧市街に入りました。ソンチーノの旧市街は、街全体が低い丘の上に乗っかっていて、この丘の周りは360度城壁が今でも残されています。従って、城壁の上に浮かんでいる小さな街のように見えます。実際に、旧市街には1300人ほどの住民しかいないので、小さな村と言っても良いと思います。旧市街には、城壁にある4つの門のどれかを通らないと入れません。
16012010_01_サンロッコ門_03 16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_22 16012010_11_街並と城壁_06

門を過ぎて旧市街に入ると直ぐ右手に大きなお城が見えます。ロッカ・スフォルツェスカで15世紀にスフォルツァ家が建てたロッカ(砦)ですが、その大きさはカステッロ(城)と言っても良いくらいの立派な砦です。砦の中にも入ること(入場料4.5ユーロ)が出来ますが、砦の周りは公園になっていて、ちょうど良い散策コースです。特に、南側からの景観は砦と城壁と公園の緑が昔のままの姿を想像出来、まるで中世にタイムスリップしたような気持ちになれます。この砦は複雑な形状をしています。ここを居城としていたソンチーノの領主であるスタンバ家は、この砦から城壁の外にあるサンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会まで地下道を通したそうです。地下道の通路は直ぐにわかりましたが、もちろん、危険ですので入ることは出来ません。
16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_02 16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_10 16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_23
16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_13 16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_18 16012010_02_ロッカ・スフォルツェスカ_19

ロッカ周りの公園から旧市街の街中に移動して散策しました。旧市街の道路脇に水車がある昔の製粉工場があります。ボッビオで見たものと同じです。オーリオ川の水を街の中まで引き込んで水車を回してパスタを作っていたのです。小さな街ですが、12-15世紀に建てられた教会や小さな宮殿もいくつかあります。その中でも、サンタ・マリア・アッスンタ教会は、何でこんな小さな村にあるのだろうと思うほど大きくて立派です。6,7世紀に建てられたこの教会は、度重なる改修でどんどん大きくなってしまったようです。教会の中にはフレスコ画で覆われているそうですが、残念ながら教会は閉まっていました。
16012010_05_サンタンジェロ・ミル_01 16012010_09_SMアッスンタ教会_08 16012010_09_SMアッスンタ教会_09

教会の直ぐそばの旧市街の中心であるコムナーレ広場にはコムナーレ宮殿と12世紀に建てられた市民の塔があります。
16012010_08_コミュナーレ宮殿・市民の塔_01 16012010_10_街並_03 16012010_12_ポルティコ・ロッソ_02

旧市街の散策の後は、城壁に沿ってこの小さな街を一周しました。小さな街を一周するのに10分もかかりません。城壁のところどころに見張り塔のような箇所があり、そこには、地下道の入口があります。この丘の下にも迷路のような地下道があるのかもしれません。閉まっていましたが小さな博物館もありました。こんな小さな街でも自分たちの街を誇りに重い、歴史を大切にしているのですね。こんなことを考えながら、田舎の小さな街を散策するのは最高です。
16012010_11_街並と城壁_02 16012010_03_アッツァネッリ宮殿_01 16012010_04_街並_03

地下鉄M3のサンドナート駅構内のバス乗り場からアッダ・トランスポルティのLinea 34のバスに乗ります。このバスは、途中にある大きな街、クレマまでは本数が多いのですが、ソンチーノはその先にありますので本数が少ないのです。土曜日でも1日に5本くらいしかありません。ここに行く公共交通機関はこのバスだけなので、時刻表で時間を調べて計画しないと変えることが出来なくなってしまいます。所要時間はサンドナートから1時間40分で、料金は片道4.15ユーロです。バスのチケットはサンドナートの構内のチケット売り場で往復を買っておいてください。
ロンバルディア平野を横切る1時間40分のバスの旅は、いろいろな街や村を通過しますのでとても楽しい旅でした。途中には興味深い街や村もいくつかあり、結局、後日、それらの街を訪ねることになってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
87位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。