--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-06(Sat)

カモーリ

カモーリは、東リヴィエラ海岸、リグーリア州ジェノヴァ県にあるリゾート地です。カモーリの東にGolfo Parasido(直訳すると天国湾)と呼ばれる小さな半島があり、その半島の東側には、国際的なリゾート地として有名なポルト・フィーノ(ジェノヴァからカモーリの次のサンタ・マルゲリータ駅からバス)があります。カモーリは、もともと漁師街で、今でも、人口は5600人ほどです。但し、観光客がいつも溢れていて賑やかなところです。それもあって、景色が綺麗なところなのですが、イタリアの「最も美しい村」には選ばれていません。しかし、イタリアのリゾート地のガイドには必ずその名が出てきます。

東リヴィエラは西リヴィエラと違って、海岸線に砂浜が少なく、海岸からいきなり崖になっているところが多いのです(チンクエ・テッレも同じです)。従って、イタリア国鉄のカモーリの駅は崖の中腹にあり、海岸線へは階段を下りなくてはいけません。駅から外に出ると2月初めだと言うのに観光客が多いのにびっくりしました。インフォメーションには数人の観光客が順番待ちとなっていました。ここで資料を貰って、階段を下りてカモーリの港に出ました。寒いミラノとの温度差は10度近くあると思います。朝の10時だと言うのに、たくさんの人が暖かい日差しの中で日光浴をしています。
07022010_02_カモーリ駅前_04 07022010_04_カモーリ港_02 07022010_04_カモーリ港_05

日差しが強く気持ちの良い海岸線を歩いて、他の観光客と同様に写真を撮りました。海も綺麗ですが、防波堤の先の海方向からカモーリの街を見ると、パステルカラーの建物と背景の緑の山がとても綺麗です。港に浮かぶ白いヨットもその景色に溶け込んでいます。
07022010_04_カモーリ港_08 07022010_07_カモーリ港_06 07022010_07_カモーリ港_10

港の直ぐ横に教会があり、その先は、東リヴィエラでは数少ない砂浜があります。そこにシートを引いて横になって日光浴をしている人がいます。多分、直射日光の下では20度くらいにはなっているのかもしれません。浜辺の横に歩行者天国の道があり、そこにはカフェで朝食を取る人、散策を楽しむ人がいっぱいです。
07022010_08_カモーリ浜辺_04 07022010_08_カモーリ浜辺_06 07022010_08_カモーリ浜辺_08

港の横の海に突き出した教会は、サンタ・マリア・アッスンタ教会です。12世紀に建てられた教会は、この近くの建物と同じようにパステルカラーのネオ・クラシック建築に改装されています。日曜日のミサの時間のはずですが、中はガランとしていました。教会の直ぐ横に、ドラゴン城と呼ばれているお城が海にせり出しています。この小さな漁師街は、この周辺の街と同様に海賊の襲撃に悩まされました。この城も、ここの漁師たちが13世紀前半に、海賊の襲撃に備えて建てたものです。教会とお城は海に突き出たクリフの上に建てられています。よく、こんなところに建てたものですね。
07022010_05_サンタマリア・アッスンタ教会_01 07022010_05_サンタマリア・アッスンタ教会_04 07022010_06_ドラゴン城_05

リゾート気分のカモーリの街を後にして、Golfo Parasidoに向かいました。インフォメーションで貰った地図にGolfo Parasidoのトレッキング・コースが書いてあります。お年寄りを含むたくさんのバックパックの観光客がその地図を持ってそっち方向に向かうのでついて行ってしまったのです。Golfo Parasidoに入ると直ぐに急勾配の登り道になりました。それも、余りの急勾配なので階段になっているような道です。そんな道を30分以上歩いてやっとの思いで最初の目的地であるサン・ロッコ教会にたどり着きました。2月初めだというのに汗びっしょりです。教会手前の可愛い村では、飲み物とアイスクリームが大繁盛です。どの人も、汗をかいて疲れて、景色の良い教会前の広場にあるベンチに座り込んでいます。家族連れはシートを広げてサンドウィッチを食べていました。
07022010_09_サンロッコへの山道_02 07022010_11_サンロッコ教会_04 07022010_12_サンニコロへの山道_01

しかし、この教会は最初の目的地であり、道はまだ続きます。次の目的地は12世紀にロマネスク様式で建てられたサン・ニコロ教会です。サン・ロッコ教会からは下り道なので、ここからは楽です。でも、戻りは登り道になることをすっかり忘れていました。約30分の下り道を歩いて、難なくサン・ニコロ教会に到着したのですが、途中で会う逆コースの人の顔が引きつっているのを見て不安になり始めました。
07022010_12_サンニコロへの山道_03 07022010_12_サンニコロへの山道_12 07022010_12_サンニコロへの山道_14

サン・ニコロ教会の次の目的地は、この半島の先端の岬、プンタ・キアッパです。まだ、ここから20分の下り道を歩かないといけません。これ以上行くと戻りの登り道は更につらくなります。更に先に進む半袖Tシャツ姿の若い人を尻目に、ここから戻ることにしました。思ったとおり、戻りの登り道は強烈でした。サン・ロッコ教会に戻ったときは既に限界を通り過ぎていました。何人もいたお年寄りたちは、サン・ロッコ教会まででトレッキングを辞めてしまったようです。それが正解でした。
07022010_12_サンニコロへの山道_07 07022010_15_帰りの山道_04 07022010_15_帰りの山道_07

街に戻って、カフェでゆっくりした後でも、山道の疲れは取れず、予定より一つ早い列車でミラノに戻りました。大変な一日でしたが、綺麗な景色だけは脳裏に刻み込んでいます。
07022010_04_カモーリ港_04 07022010_16_カモーリ街並_06 07022010_16_カモーリ街並_07

冬はミラノから出てリヴィエラ海岸がお勧めです。朝方は深い霧に包まれ寒いミラノを出た列車は、ロンバルディア平野を抜けて、ピエモンテ州の雪に閉ざされた山の中を走ります。しかし、最後の長いトンネルを抜けてジェノヴァに入ると、(もちろん雨の日もありますが)いつのまにか明るい南国の日差しの中を走っているのです。イタリア人はそのことを良く知っているのでしょう。この時期のジェノヴァ方面の週末列車は満員です。リヴィエラ海岸に着くと、皆、駅のベンチで軽装に着替えて太陽の光を浴びに出て行きます。
ジェノヴァからカモーリまでは1時間に2本くらいの普通列車があり、所要時間は40分で料金は1.9ユーロです。でも、ミラノ・ロゴレドから東リヴィエラ方面に行く直通の普通列車に乗れば、ジェノヴァで乗り換える必要もありません。所要時間も2時間15分で料金も10.2ユーロとなります。ミラノ・ロゴレド発7時39分の普通列車が便利です。
ミラノへの戻りも直通列車が利用できれば便利ですが、本数が少ないので、まず、ジェノヴァに一度出て乗り換えてミラノに戻ることになります。ジェノヴァまでは1時間に2本の普通列車がありますので、ジェノヴァからミラノに行く列車の時間に合わせてカモーリを出るようにしてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
87位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。