--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-07(Sun)

サルソマッジョーレとフィデンツァ

ヴィゴレーノへの行きと帰りに寄ったサルソマッジョーレとフィデンツァを紹介します。サルソマッジョーレはイタリアで有名な温泉街です。フィデンツァからサルソマッジョーレまでの10分弱の短い区間を30分間隔でイタリア国鉄が走っているくらいですから、この街が特別であることが良くわかります。

サルソマッジョーレの駅は温泉の湯治客をお迎えするのにふさわしい伝統ある駅舎です。街は自然に囲まれた丘陵地帯にあり、街の中を大きな川が流れています。
20032010_03_サルソマッジョーレ_005 20032010_03_サルソマッジョーレ_003 20032010_03_サルソマッジョーレ_010

サルソとは塩のことですので、ここは天然塩の産地でもあります。地下2000メートルから汲み上げられている温泉には、ミネラル分が豊富に含まれている塩が海の水の5倍もあるそうです、この塩は、健康や美容にも良いそうで、化粧品に加工されて販売されています。サルソマッジョーレの北にサルソミノーレという名の地名がありますが、そこは多分、温泉の塩分が少ないのでしょうね。駅前は静かで今は何もありませんが、古い、今は使われていないホテルがありました。昔は高級ホテルだったようですが、きっと、温泉が出なくなったのでしょう。今は廃墟です。
サルソマッジョーレには2つの大きな温泉設備があるそうです。その一つが、「世界で最も美しい温泉」と言われているベルツィエーリ温泉です。そこは、駅からちょっと離れています。廃墟になっている昔の高級ホテルの先を左に曲がると大きな通りに出ます。そこは駅前と違って人通りもにぎやかで、高級ブティックや天然塩の化粧品を売る店が並んでいます。その道を真直ぐ進んだ先にベルツィエーリ温泉があります。この温泉施設を見たときには、ここが温泉施設なのかと目を疑いたくなります。通常の中世の宮殿以上に素晴らしい建物です。この建物には宿泊以外のすべての温泉設備が揃っているそうです。
もちろん、超高級ホテルもベルツィエーリ温泉の近くに揃っています。
20032010_03_サルソマッジョーレ_013 20032010_03_サルソマッジョーレ_011

サルソマッジョーレから30分間隔で出ている列車に乗って、7-9分でフィデンツァに到着します。パルマの隣にあるフィデンツァの街は、人も多くブティック等の店も並んでいてパルマの続きのような雰囲気があります。フィデンツァのメインストリートは、昔のFrancigena街道です。アペニン山脈を越えてきたFrancigena街道は、フィデンツァからエミリア街道と平行してピアチェンツァを通り、パヴィアを通過してピエモンテ州に抜けていきます。このメインストリートの中間点には大きな広場があり、14世紀に建てられたコムーネ宮殿があります。この日は、宮殿の前にメリーゴーランドが出来ていて、子供たちがいっぱいはしゃぎまわっていました。
20032010_02_フィデンツェ_016 20032010_02_フィデンツェ_017 20032010_02_フィデンツェ_020

更に、メインストリートを進むと14世紀建造の城塔、ポルタ・サン・ドニーノがあり、その奥にフィデンツァでもっとも有名な12世紀建造のドゥオモがあります。このロマネスク様式の大きな教会は、パルマ出身のローマ時代の殉教者であるサン・ドニーノを拝しています。ここのドゥオモの外観はパルマのドゥオモに良く似ていますが、内装はシンプルで、パルマのようなフレスコ画はありません。但し、外側の彫刻が非常に見事です。フィデンツァではドゥオモのファサードにある彫刻だけは見逃してはいけません。ドゥオモの横にはドゥオモ博物館があり、宗教画や聖具が展示されているそうです。
20032010_02_フィデンツェ_043 20032010_02_フィデンツェ_021 20032010_02_フィデンツェ_038
20032010_02_フィデンツェ_022 20032010_02_フィデンツェ_029 20032010_02_フィデンツェ_042

フィデンツァまでの行程はヴィゴレーノの紹介のときに書きましたので省略します。フィデンツァの街は駅から歩いて直ぐです。駅から5分足らずでメインストリートに出て、そこを右に曲がると街の中心部に出ます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
99位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。