--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-17(Wed)

ランゲ

今回は、列車で行くのが難しいピエモンテ州のワイン地帯、ランゲ地方にワインと中世のお城を求めて、ドライブをしてきました。生憎の天気でしたが、車の旅行だったので楽しい旅となりました。ランゲとはこの地方の方言で“水の流れによって作られた深い谷の周りにある「丘」”との意味だそうです。白トリフとワインで有名なアルバがその中心の街です。正確に言うと、アルバを流れているタナーロ川の東側をランゲと呼び、西側(スローフードの発祥の地ブラを中心とする)をロエーロと呼ぶそうです。イタリアの世界遺産暫定リストには“ランゲ、ロエーロ、モンフェッラート及びヴァル・テッリーナの葡萄園”としてあげられていて世界遺産への登録を期待されています。今回は東側を通ってワインで有名なバローロまで行き、西側を通って戻ってきました。車の旅ルートと訪ねた街及びお城は下記の地図を参照してください。残念ながら、時間の関係で最後のBenevelloには行けませんでした。
Langhe Root Map

アスティの街から231号線をアルバ方面に向かい、最初に立寄ったのはゴヴォーネです。ここは10世紀に建てられたお城を中心に小さくまとまった中世の香りの残る村です。但し、現存するお城は17世紀に建て直されたもので、お城と綺麗に整備された庭園がとても美しいところでした。お城からは村とその向こうにある葡萄園で覆われたピエモンテの丘が望めます。この日の最初の村ですが、もう感激してしまいました。
17042010_01_ゴヴォーネ_001 17042010_01_ゴヴォーネ_009 17042010_01_ゴヴォーネ_019

次の村は、メリアーノ・アルフィエリです。この村にも13世紀に建てられたお城があります。城の正面が丘の斜面に面しているので、丘に登ると城の裏側しか見ることが出来ません。しかし、丘の上からの景色は最高です。
17042010_02_メリアーノ・アルフィエリ_003 17042010_02_メリアーノ・アルフィエリ_001 17042010_02_メリアーノ・アルフィエリ_004

タナーロ川を渡り、ランゲ地方に入って最初の村はロッディです。ここには14世紀に建てられた丘の上の小さな城があります。老朽化が進み現在修復中でしたが、予約すれば中に入れます。団体の観光客がガイドさんと中に入るところでしたので、先に、ちょっとだけ見せてもらいました。中には古いフレスコ画が残っています。
17042010_03_ロッディ_005 17042010_03_ロッディ_009 17042010_03_ロッディ_006

午前中、最後のお城は、直ぐ近くのグリンツァーネ・カヴールです。このお城は、領主であるカヴール家が、この城をワインの生産センターにしたので、城の内部はワイン博物館となっています。博物館には中世のワイン製造設備が展示されていて、カフェではバローロワインを飲むことが出来ます。昼食の前に1杯いただきました。
17042010_04_グリンツァーネ・カヴォウル_002 17042010_04_グリンツァーネ・カヴォウル_008 17042010_04_グリンツァーネ・カヴォウル_006

昼食は、ラ・モッラ村のはずれにある葡萄園を見渡せるレストランで黒トリフ(白トリフはシーズン・オフ)とピエモンテ牛、それにバローロワインをゆっくりと時間をかけて至福のひと時を過ごしました。食後はラ・モッラ村のエノテカでお土産のワインを購入して、次のワインの村、バローロへ向かいました。
17042010_05_リストランテ・ボヴィオ_003 17042010_06_ラ・モッラ村_001 17042010_06_ラ・モッラ村_002

バローロの街にもお城があります。10世紀にサラセン人に対する防衛で建てられたお城が起源になっているのですが、その後、13世紀中旬に領主のファッレッティ家の居城となり、度重なる改修を経ていますので、10世紀の面影は全くありません。お城の裏に村で経営しているエノテカがあり、有名なバローロワインを購入できます。
17042010_07_バラーロ_001 17042010_07_バラーロ_002 17042010_07_バラーロ_011

セッラルンガ・ダルバのお城は、丘の上にある天にも聳えるばかりの背の高いお城でした。本日のお城の中で一番立派なこのお城は13世紀に建てられたものです。既に、午後5時を過ぎていたので、残念ながらお城の内部への入場は締め切られていました。城壁に囲まれた城の周りの村には中世の雰囲気が漂っています。
17042010_08_セッラルンガ・ダルバ_001 17042010_08_セッラルンガ・ダルバ_008 17042010_08_セッラルンガ・ダルバ_015

本日最後の村はマンゴです。この周辺で一番高い山の上に城壁で囲まれた村があり、その村の中心の高台にこのお城があります。城の前の広場から見える周りの丘陵地帯は、この日の締めくくりにふさわしい景色でした。
17042010_09_マンゴ_010 17042010_09_マンゴ_001 17042010_09_マンゴ_006

アルバ、バローロ等の小さな街や村はピエモンテ州クォーネ県に属しています。ミラノからの距離は170-80キロほどですので、実際にはそれほど遠くはありません。イタリア国鉄はアルバに行っているので、アルバには駅がありますが、列車の本数も少ないうえ、最低でも2回の乗換が必要なので、非常に不便です。しかも、乗客が少ないために、アルバヘ向かう列車はバスに振替をしているようです。列車を調べてみると、ミラノからアルバに行くだけで半日はかかってしまいます。また、アルバから小さな村や街へは路線バスを利用することになりますので、更に不便です。アルバ近隣の村やお城を訪ねると、とても、日帰りで戻って来ることが出来ないところなのです。しかし、この地域の美味しい料理とワインは捨てがたく、何とかしたいと考えている人にお勧めできることは、アルバに宿を取って、バスやタクシーでこれらの小さな街や村を回るのが一番良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
85位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。