--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-18(Thu)

フォンタネッラート

イタリアでは5月1日は特別な祝日です。クリスマス(12月25日)、正月(1月1日)、聖母マリアの被昇天の日(8月25日)と並んで、5月1日も、イタリア国鉄と地下鉄以外のほとんどの公共交通機関が動きません。しかし、天気が良いので家でじっとしている気にもなれず、先週訪ねたトッレキアラで、フォンタネッラートのお城にはパルミジャニーノのフレスコ画が残っていて保存状態も良いとの情報を入手したので、パルマからタクシーで行くことにして出かけました。このお城はロッカ・サンヴィターレと言います。14世紀に、ミラノのヴィスコンティ家がサンヴィターレ家にこの地を与えました。サンヴィターレは、15世紀に、12世紀に建てられていた城を戦いと居住の両方に適するように改修して、1948年に街に売り払うまでここに住んでいたそうです。

フォンタネッラートの街は、パルマのベッドタウンなのですが、このお城の周りだけが旧市街となっています。旧市街入口には15世紀に建てられたソプラ門があるので、昔は城壁で囲まれていたのかもしれません。街並も、典型的なヨーロッパの小さな街のように、パステルカラーの可愛い小さな建物に挟まれた石畳の道には、カフェのテーブルが並んでいます。お城の周りは街頭市が建ち並び、観光客とこの街の住民でいっぱいでした。街頭市の中には土産物屋もあったので、晴れた日には多くの観光客がこの街を訪れるのかもしれません。
01052010_01_フォンタネッラート入口_004 01052010_02_フォンタネッラート街並_005 01052010_02_フォンタネッラート街並_002
01052010_03_フォンタネッラート街頭市_003 01052010_03_フォンタネッラート街頭市_009 01052010_03_フォンタネッラート街頭市_016

お城の周りの堀には、珍しく(汚いですが)水が満たされています。お城は、情報どおり保存状態が良く、中に入るのが楽しみになってきます。お城の周りの広場にも、いくつかの歴史的な建物が見られます。中でも、お城の同じ頃に建てられたサンヴィターレ家の厩舎はとても立派な建物でした。まるで宮殿のような建物です。きっと、ここの領主は、領民よりも飼い馬のほうを大事にしていたのかもしれません。また、16世紀に建てられたゴシック建築のサンタ・クローチェ教会も立派な教会でした。
01052010_03_フォンタネッラート街頭市_018 01052010_04_フォンタネッラート教会_003 01052010_05_フォンタネッラート厩舎_001
01052010_06_フォンタネッラート城外観_003 01052010_06_フォンタネッラート城外観_010 01052010_06_フォンタネッラート城外観_013

お城の中への入場は、ガイドつきの時間性になっていますので、予約をして時間まで待っていなくてはいけません。1回に30人くらいの観光客が一緒に見学して、城の中の11部屋を1時間くらいで周るツアーになっています。ガイドは4人の若い女性のボランティアが部屋毎に代わる代わるイタリア語で説明してくれます。でも、ちゃんとガイドの順番どおりの英語版説明書をくれますので、イタリア語がわからなくても理解は出来ます。城内は撮影禁止でしたので、パルミジャニーノが20歳のとき(1524年)に描いたフレスコ画“ダイアナとアクタエオンの神話”は素晴らしかったのですが、目で見て記憶にとどめるしかありません。でも、直ぐに忘れそうなので出口の売店で絵葉書を購入しておきました。下記の左2枚の写真はその絵葉書を撮影したものです。
01052010_11_フォンタネッラート・フレスコ画_001 01052010_11_フォンタネッラート・フレスコ画_002 01052010_09_フォンタネッラート城内部_006

その他にも、14~20世紀までのフレスコ画、絵画、タペストリー、調度品、家具、ビリヤード台等が展示されていて、内容はかなり充実しています。トリノやジェノヴァの宮殿に比べると質素なものが多いのですが、品が良く、日本人好みだと思います。
01052010_08_フォンタネッラート城中庭_002 01052010_09_フォンタネッラート城内部_009 01052010_09_フォンタネッラート城内部_001

今回は。パルマから往復ともタクシーを利用しました。でも、今日は5月1日なので仕方がないと理由を正当化できます。フォンタネッラートはパルマから北西方向に18キロのところにあります。タクシーで片道30ユーロ強でした。パルマから行くときは駅前のタクシーを捕まえられますが、パルマに戻るときが問題です。フォンタネッラートは小さな街ですからタクシー乗り場にタクシーはありません。ですから、電話で呼ばなくてはいけません。でも、一番簡単なのは、パルマから来たときに乗ったタクシーを予約しておくことです。フォンタネッラートで降りたところに、何時に来てくれと言えば、祝日は客も少ないので、喜んで来てくれます。

ミラノとパルマ間の列車に関しては、以前のブログを見てください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
87位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。