--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-20(Sat)

チェルヴォ

チェルヴォはリグーリア州インペリア県にある人口1000人余りの小さな村で、イタリアの「最も美しい村」に選ばれています。リグーリア州インペリア県はサヴォーナ県の西にあり、フランスと国境を接している県です。チェルヴォに行くにはディアーノ・マリーナ駅で降りるのですが、同じ列車に更に20分乗ると音楽祭で有名な街サンレモになり、更に20分でフランス国境の街ヴェンティミーリアとなります。要するに、イタリアン西リヴィエラの西のはずれになります。
チェルヴォは、アレッシオとディアーノ・マリーナ間の海岸線にある丘の上に築かれた城壁に囲まれた村です。ディアーノ・マリーナからチェルヴォまでは西リヴィエラの海岸線を走るバスで行くことが出来ますが、バスは、丘の麓の海岸通で停まりますので、そこから村までは歩いて丘を登らなければいけません。それが厭なので、またタクシーに乗ってしまいました。タクシーは北側にある丘の上の村の入口まで10分もかかりません。料金もたった13.5ユーロでした。
02052010_12_チェルヴォ・丘の下からの眺め_002 02052010_03_チェルヴォ・カステッロ_002 02052010_01_チェルヴォ入口_003

チェルヴォは、ローマ時代以前の古い街ですが、11,2世紀にジェノヴァ共和国の下でクラヴェサーナ家が、この村に城(クラヴェサーナ城)を築き、13世紀初頭から18世紀まで自治権を持った街として半独立状態を保っていました。しかし、サラセン人の海賊に度々襲われ、その防備のために、15世紀には現在のように100%城壁で取り囲まれた村になっています。タクシーで来ると村の北側の城門から、この村に入ることになります。城門を入ると小さな広場があり、その横にあるクラヴェサーナ城の2階にインフォメーションがありますので、そこで観光資料を貰うことが出来ます。
02052010_03_チェルヴォ・カステッロ_003 02052010_04_チェルヴォ・S_カルティナ広場_001 02052010_04_チェルヴォ・S_カルティナ広場_002

歩いて丘を登ってくる人は、村の南の階段を通って村に入りますので、南側の見晴らしの良い大きな広場に到着します。この広場には、階段を登って疲れたような顔をした観光客が、海を眺めながら休んでいます。この広場から見えるリグーリア海がとても綺麗です。海賊が攻めてきても、ここからよく見えたでしょうね。観光客が休んでいるこの広場にはカフェやお土産屋もあります。
02052010_06_チェルヴォ・S_ジョヴァンニ広場_001 02052010_06_チェルヴォ・S_ジョヴァンニ広場_003 02052010_09_チェルヴォ街並_001

海岸線から村に入るには、迷路のような、曲がりくねった細い階段の道を登らないといけません。また、城壁に囲まれた村まで入ったとしても、村の一番北の高台にあるクラヴェサーナ城までは、更に複雑な細い迷路の路地を登っていく必要があります。階段や村の路地で道に迷っていると、お城の上から集中攻撃を受けてしまいますので、海賊もクラヴェサーナ城まで攻め落とすのは至難の業だったと思います。城壁で囲まれた村の中は、今でも中世の村です。迷路のような村の路地裏を歩くと、雰囲気だけでなく、中世にいる気持ちになれます。最も典型的な「最も美しい村」と言えるでしょう。
02052010_11_チェルヴォからの下り道_003 02052010_10_チェルヴォ周りの景色_001 02052010_09_チェルヴォ街並_032
02052010_09_チェルヴォ街並_030 02052010_09_チェルヴォ街並_025 02052010_09_チェルヴォ街並_006

村の中央に12,3世紀に建てられたサン・ジョヴァンニ教会があります。小さな村に不釣合いなほど大きな教会です。現在は外側も内装もバロック調に改装されています。堂々たるその外観は、この村だけでなく、周辺の地域からも良く見えて、威圧するほどの迫力があります。
02052010_07_チェルヴォ・S_ジョヴァンニ教会_003 02052010_07_チェルヴォ・S_ジョヴァンニ教会_006 02052010_12_チェルヴォ・丘の下からの眺め_004

当然、教会から周辺地域を見渡すと素晴らしい景色です。教会前の広場から村の中に入ると、中世の民家に埋もれているような12世紀に建てられたサン・カテリナ礼拝堂があります。このロマネスク様式の礼拝堂の中には15世紀のフレスコ画が残っています。現在は礼拝堂として使用されていませんが、観光客に解放されています。村の城壁周りの道を歩くと村人の生活感と周囲の景色のコントラストが今回の旅の満足感を決定づけてくれました。
02052010_10_チェルヴォ周りの景色_003 02052010_08_チェルヴォ・S_カルティナ礼拝堂_003 02052010_09_チェルヴォ街並_011

村から帰るときは南側の階段を降りました。登りは大変ですが下りは楽なものです。難なく海岸線の道まで降りることが出来ました。そのまま、海まで出ると小さな砂利の浜があり、そこからのチェルヴォの村を見上げると、あの大きな教会が周囲を睨んでいるようです。
02052010_09_チェルヴォ街並_016 02052010_09_チェルヴォ街並_021 02052010_13_チェルヴォ・海からの眺め_003

ミラノへの戻りは、ディアーノ・マリーナには戻らずに、海岸線の道路沿いにあるチェルヴォの国鉄駅からジェノヴァ方面に行く列車に乗ることにしました。列車は、行き先はサヴォーナやアルベンガ行き等とありますが、2時間間隔の各駅停車です。但し、この駅は無人駅なので、チケットは前もって買っておく(いつも往復のチケットを買っておくとどんなときでも使えます)か、駅のバールで距離チケットを購入する必要があります。チェルヴォからサヴォーナまでは約1時間半で、サヴォーナでミラノ方面の直通普通列車に乗換えます。乗換えはサヴォーナでなくても構いません。アルベンガ等の大きな駅でジェノヴァ行き或いはミラノ行き直通列車に乗り換えればOKです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
101位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。