--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-22(Wed)

モリモンド修道院

アッビアーテの小さな街の散策を終えたら、アッビアーテグラッソ駅前のバス停(道の反対側)からモッタ・ヴィスコンティ行きのバスに乗って20分ほど田舎に向かって走ると、モリモンド修道院があります。この修道院もロンバルディア平野の畑の真ん中にぽつんと建てられています。
02052009_モリモンド修道院_07 02052009_モリモンド修道院_02 02052009_モリモンド修道院_04

ミラノ県公式ホームページには下記の紹介があります。
“モリモンドはアッビアーテグラッソの南側、緑の田園地帯に位置し、有名な大修道院のある中世からの小集落です。この修道院は1136年にフランスのディジン北にあるモリモンド修道院から来たシトー派修道士により建設さましたが、創立後すぐに、ミラノ南部地域の農業開墾事業の啓蒙推進活動の中心的役割を果たすようになりました。1400年代中頃からモリモンド修道院は次第にその重要性を失っていきますが、1561年のサン・カルロ・ボッロメオや法王ピオ4世による介入後は活力を持ち直すようになりました。しかしながら、1799年にナポレオン支配下のもと、当修道院は宗教法人廃止政策の対象となり、財産を没収されました。1952年になってはじめて、修道士が再び住むようになりました。
1182年から1292年の間に建てられた修道院付属の教会は、聖母マリアに献上されたものです。教会構造は3つの身廊からなり、天井円蓋は円柱の上の尖頭迫持型アーチに支えられています。身廊と外陣の交差部には円蓋を覆う八角形の小外被が置かれています。教会内部の作品としては、木製の聖歌隊席、第一番目の円柱にある14世紀の聖水盤、幼いキリストを抱いたマリア像、第四径間にあるベルナルディーノ・ルイーニの作品である聖ベネデットと聖ベルナルド像などがとりわけ注目に値するものです。
建物全体の建築様式は、近隣のパヴィア人による略奪の被害を受けた1237年以降、幾度も繰り返された改造・修復などの結果を表しています。”

バス停から集落を通り抜けると歩いて1分ほどのところに修道院入り口の門があります。門をくぐって修道院の敷地に入ると緑の中に浮かぶ修道院教会が目の前に現れます。入り口の門から教会までの敷地は綺麗な公園になっていますので、観光客や近くの住人たちが憩のひと時を過ごしています。公園の中にはカフェもあり、観光客を迎え入れる準備は出来ているようです。修道院教会は小高い丘の上にあり、教会前の広場からロンバルディア平野を地平線まで眺めることが出来ます。修道院教会の周りにはまだ現役の修道院施設があり、修道士がそこで酪農作業を続けているのも見ることも出来ます。教会の中や修道院の中庭と回廊も自由に見学することが出来ます。上記のガイドにあるとおり、教会内と回廊には興味深いフレスコ画があります。特に、修道士たちの酪農作業がフレスコ画で描かれているのを印象深く感じました。公園の敷地内には小さな博物館もあり、修道院に古くからある絵画や聖具を見ることも出来ます。
02052009_モリモンド修道院_03 02052009_モリモンド修道院_08 02052009_モリモンド修道院_12 02052009_モリモンド修道院_13

モリモンド修道院へはアッビアーテ駅前(停留所は道の向こう側)からATINOM社のモッタ・ヴィスコンティ行きのバスに乗ります。バスは田舎を走り約20分でモリモンド修道院と集落(小さな住宅街)の停留所に到着します。いつものように乗るときに運転手さんに“アバッツィア・モリモンド”と言って、降りる停留所で知らせてもらえるようにしておきましょう。帰りのバスも降りたところと同じところからバスに乗ります。但し、行き先はアッビアーテグラッソですので間違えないようにしてください。バスのチケットは、アッビアーテグラッソの駅のバールで購入できますが、時間がなければバスの運転手さんからでも購入も出来ます。料金は忘れてしまいましたが、多分、片道1.6ユーロ前後だったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
93位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。