--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-28(Sun)

チンクエ・テッレ

東リヴィエラは、ミラノがまだ寒い冬の間に、カモーリ、ポルト・ヴェネーレ、レリーチ・サンテレンツォと3ヶ所行って来ました。3ケ所とも素晴らしいところだったので、1997年に世界遺産に登録されているチンクエ・テッレに行くのを楽しみにしていたのですが、その機会がやっと訪れました。今回は1泊旅行で計画し、初日はポルト・ヴェネーレに行き、ラ・スペツィアで1泊して2日目の朝からチンクエ・テッレを周ってミラノに戻る予定を組みました。今回は一人旅ではなく、総勢7人の団体旅行です。ポルト・ヴェネーレは既に1回目の訪問時に紹介済みですので、今回は、2日目の朝からのチンクエ・テッレだけを紹介します。

ラ・スペツィア駅前のホテルで朝食を取っていると一人旅をしている75歳の日本人のご婦人と一緒になりました。このご婦人はイタリア語も英語も話せないのですが、堂々と一人旅をしているのです。ホテルのチェックアウトも全部日本語でやっていました。レセプションのイタリア人女性も口をあんぐり開けたままです。海外でこんなすごい日本人のご婦人に会ったのは初めてです。本当に尊敬してしまいます。彼女は前日にチンクエ・テッレを観光してきて、リオマッジョーレの漁村がとても良かったと教えてくれ、その朝もリオマッジョーレの漁村まで同行していただきました。ラ・スペツィア駅で遊覧船以外が無料になるチンクエ・テッレ・パスを購入して、朝の8時にリオマッジョーレ駅に到着。駅から漁港まで降りていくと、そこから見えるパステルカラーの建物が並んでいる漁村はまるで絵葉書のようです。まだ朝早いので、観光客は皆無です。のんびり働いている漁師さんが4,5人いるだけの静かな漁港は海の匂いと波の音だけが漂ってきます。早起きは三文の得でした。
22052010_05_チンクエ・テッレ_002 22052010_05_チンクエ・テッレ_007 22052010_05_チンクエ・テッレ_012

そこで、日本人のご婦人と別れて、リオマッジョーレの街を散策した後、いよいよ有名な「愛の小道」に入りました。入場料はチンクエ・テッレ・パスに含まれています。断崖絶壁の自然の景観と澄んだ地中海の海は本当に綺麗です。「愛の小道」はマナローラまで整備した遊歩道が続いています。
22052010_05_チンクエ・テッレ_026 22052010_05_チンクエ・テッレ_022 22052010_05_チンクエ・テッレ_024

マナローラ村は、まだ泥臭い漁村が残るリオマッジョーレに比べて、多少洗練された綺麗な村でした。個人的には泥臭い観光化されていないリオマッジョーレのほうが好きです。
22052010_05_チンクエ・テッレ_031 22052010_05_チンクエ・テッレ_036 22052010_05_チンクエ・テッレ_045

一人旅のご婦人のお薦めはマナローラの次の村コルニリアまで歩くことでしたので、それに従いました。75歳のご婦人でも歩いた道ですから。疲れたとは言えません。マナローラから先もチンクエ・テッレ・パスでカバーされていますが、まだ整備されていない山道なので、「愛の小道」というわけには行きません。高低差もあるのでちょっとだけ大変です。途中にはつり橋もあり少しだけスリルもあります。しかし、こちらも景色が素晴らしいので多少の疲れは癒されます。この頃から観光客が増えてきました。
22052010_05_チンクエ・テッレ_049 22052010_05_チンクエ・テッレ_055 22052010_05_チンクエ・テッレ_056

コルニリアからは列車で隣の村のヴェルナッツァまで移動することにして駅まで歩くと、コルニリア駅にはすごい人数の観光客がいました。観光客は、ここからリオマッジョーレに歩くのでしょう。列車は直ぐに来て一駅(3分)でヴェルナッツァに到着(料金は1.3ユーロですが、チンクエ・テッレ・パスを持っていれば無料です)です。この街を港まで歩くと、街は更に観光化されています。どうも、西(ジェノヴァ方向)に向かうに連れて観光化が進んでいるようです。ヴェルナッツァの港には観光客が溢れていました。ちょうど昼時なので、港のレストランやカフェもいっぱいです。ここからは、遊覧船(この料金はチンクエ・テッレ・パスに含まれていませんので3.5ユーロ必要です)でモンテロッソに出ます。港にいる観光客のほとんどは東(ラ・スペツィア方向)に向かっているようで、モンテロッソ行きの遊覧船はそれほど混んでもいません。これで、散策、列車、遊覧船の全部を使ってチンクエ・テッレを巡ったことになります。遊覧船が港を離れるときと港に着くときに見える海からのチンクエ・テッレも観光の見所の一つです。特に、ヴェルナッツァは崖の上にあるお城とパステルカラーの街並がマッチしていて、海からの景観が一番綺麗だと言われています。
22052010_05_チンクエ・テッレ_068 22052010_05_チンクエ・テッレ_080 22052010_05_チンクエ・テッレ_085

モンテロッソには直ぐに到着です。この小さな街は完全にリゾート観光地です。港の横に海水浴場もあり、街は、たくさんの土産物屋、カフェ、レストランが数え切れないくらいの観光客を迎えてくれます。
22052010_05_チンクエ・テッレ_093 22052010_05_チンクエ・テッレ_115 22052010_05_チンクエ・テッレ_117

観光客の数に気後れして、足早に街を抜けて街外れのロータリーでレストランからの迎えの車を待ちました。ここでは、予約しておいたスローフード・レストランで昼食です。レストランは港の喧騒を離れた丘の中腹にありました。ここからモンテロッソの港が綺麗に見えます。景色の良いレストランの庭で最高のシーフード・イタリアアンをいただきました。しかし、さすがにスローフードです。予定の2時間の食事を大幅に過ぎて4時間を越す昼食時間となり、ミラノへの戻りの列車も大幅に変更です。
22052010_05_チンクエ・テッレ_107 22052010_05_チンクエ・テッレ_100 22052010_05_チンクエ・テッレ_101

モンテロッソからジェノヴァまでは1時間に1本の各駅停車の普通列車が出ています。所要時間は1時間半から1時間40分です。ジェノヴァからミラノまでは夜の9時まで1時間に1本以上普通列車とインターシティがあります。特に夜の7時台は本数が多いので問題ありません。所要時間は普通列車なら1時間40分から2時間です。モンテロッソ・ミラノ間の料金は普通列車で12.7ユーロとなります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

早速のお返事ありがとうございました。
チンクエテッレについても、紹介して頂いていましたね。。。
ちゃんと確認せずにすみませんでした。
まだ時間もあるので、熟読させて頂いてプランを練ろうと思います。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
99位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。