--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-01(Wed)

パレルモ

ミラノから5泊6日のシチリア旅行をしました。今はやりのLCC(低価格航空運賃:往復で一人80ユーロ)はマルペンサ空港からパレルモに入り、ミラノへの戻りもパレルモからマルペンサですので、パレルモには2泊しました。パレルモに到着した日は、イタリアの共和国建国記念日でしたので、働くのが嫌いな南イタリアの人たちは、観光地でも店を閉めてしまいます。それでも、ホテルに荷物を預けると直ぐに街に繰り出しました。南イタリアの港街は予想通り汚い街です。汚さではナポリと良い勝負です。でも、ナポリと同様に、汚い街は、生活に密着して築きあげられたその街の文化を感じて、何故か懐かしさを感じます。逆にクリーンな街ほど深みがなく文化を感じないのです。シンガポールや中東のドゥバイ等に、人間臭さは感じませんので、歴史も文化も感じません。

しかし、それにしても祝日には店も観光スポットも見事に閉まっています。それでも、街の中心部に行くと、イスラム文化が強く残っている教会がありました。小さな入口では細々と鐘楼に登る入場券を売っていました。鐘楼の階段は非常に狭く、登る人はヘルメットを被らなくてはいけません。それでも、この細い壊れそうな鐘楼の上からの景色はとても綺麗で、地上は汚いパレルモの街が嘘のように綺麗に見えます。ここからいくつか見える教会はアラブ・ノルマン様式の建築と言われていて、ドームに特徴があります。ドームと言っても北イタリアのバロック様式採光塔やビサンチン様式のドーム(クーポラ)とは違って、如何にもアラブっぽい朱色の可愛いドームです。
02062010_01_パレルモ_025 02062010_01_パレルモ_029 02062010_01_パレルモ_033

もう一つ、祝日でも開いている観光スポットはパレルモの大聖堂(カッテドラーレ)でした。ここも基本的にはアラブ・ノルマン様式とのことですが、何度か改築されていて、採光塔にはバロック様式のクーポラが聳えています。内装は豪華で、さすがにシチリアで一番のカッテドラーレです。この祝日に開いている数少ない観光地は、観光客で溢れていました。その観光客を狙って観光用の馬車が客待ちをしています。
02062010_01_パレルモ_037 02062010_01_パレルモ_040 02062010_01_パレルモ_039

大聖堂から街の中心部に向かって歩くとクワットロ・カンティがあります。ここがパレルモ旧市街の真ん中だそうです。この交差点の4つの角に、17世紀の都市計画で建てられた同じ形をした建物が4つあります。但し、建物の彫刻が夫々違います。そのデザインは春夏秋冬を表現しているそうです。この交差点は今でも交通量が多いところでした。クワットロ・カンティの直ぐ隣にプレトリア広場があります。ここの噴水には男女のヌードの彫刻が建ち並んでいます。その後ろに大きな教会のクーポラが見えていて、なかなか絵になる広場です。
02062010_01_パレルモ_013 06062010_04_パレルモ_003 06062010_04_パレルモ_002

この広場の近くにモザイクで有名なマルトラーナ教会がありますが、当然のように閉まっていました。但し、その隣にあるアラブ様式と直ぐにわかるサン・カタルド教会は開いていました。この教会は、12世紀に建てられた3つの赤い色のアラブ様式ドームが特徴的な教会で、ガイドブックにも載っています。その他にもこの街には教会がいっぱいありましたので、街歩きのついでに中を覗いて歩きました。
02062010_01_パレルモ_068 02062010_01_パレルモ_070 02062010_01_パレルモ_094

これで、初日のパレルモは終わりです。パレルモで一番有名なノルマン宮殿のパラティーナ礼拝堂とマルトラーナ教会のモザイクは、この旅行の最終日まで持越しとなりました。
夕食にはシチリアの魚介類を食べないといけません。ホテルの傍で雲丹と蛸のパスタは良い味でした。雲丹の味がわかるのは、世界でシチリア人と日本人だけだとのこと。確かにそうかもしれません。

日は変わって、シチリア旅行最終日の前日の夜にパレルモに入りました。陽の長い6月はまだ夕方です。日曜日の港の公園は夜7時過ぎなのに家族連れでいっぱいです。パレルモの港から街の中に歩いていくと、港街パレルモは、ナポリやジェノヴァのように、たくさんの街頭市が立ち並んでいました。街頭市自体は、ミラノでも北イタリアのほかの街でもありますから、楽しみではありますが、見慣れた風景です。でも、港街の街頭市は、ちょっと雰囲気が違います。簡単に言えば、ちょっと危ない雰囲気があります。その危ない雰囲気に引き寄せられるのかもしれません。ゴッド・ファーザーで有名なマッシモ劇場の近くの繁華街でいろいろなシールが貼ってある美味しそうなレストランを見つけて、この夜も美味しい魚介類の夕食にありつきました。
06062010_04_パレルモ_016 06062010_04_パレルモ_025 02062010_01_パレルモ_099

翌日、シチリア旅行の最終日は、持ち越していた2つのモザイクを見に行きました。観光客が押し寄せる前に中に入ろうと考えて、朝から路線バスに乗ってノルマン宮殿に直行すると、月曜日はノルマン宮殿とパラティーナ礼拝堂の両方が10ユーロの共通券で見られるとのこと。直ぐに2階のパラティーナ礼拝堂に入ると、その素晴らしさに声も出ません。ガイドブックで言っているように、確かに上半分がビサンチン様式で下半分がアラベスク様式のイスラム紋様になっています。この時代、シチリアでは、キリスト教徒とイスラム教は互いにいがみあうことなく協調していたことがこの紋様で証明されています。今の時代の人に見習ってもらいたいですね。この素晴らし過ぎるくらいのモザイクは、ラヴェンナのサン・ヴィターレ大聖堂、イスタンブールのソフィア大聖堂と並び、世界3大モザイクの一つだそうです。とにかくすごい。でも、ラヴェンナの緑色のモザイクの方が趣味に合うような気もします。今度はイスタンブールに行かなくてはいけません。
07062010_01_パレルモ_012 07062010_01_パレルモ_013 07062010_01_パレルモ_007

12世紀初頭に建てられたノルマン宮殿は、ガイド付きのツアーとなっていて、入館の時間が決まっています。ボランティアによるイタリア語のガイドはさっぱりわからないのですが、受付のおばさんが一緒についてきてくれて、片言の単語を並べただけの英語で一生懸命に説明してくれました。しかし、パラティーナ礼拝堂のインパクトが大きすぎて、説明が頭に入りません。ほとんど何も残らない状態で終わってしまいました。おまけに撮影禁止なので、何を見たのか記憶も定かではありません。
07062010_01_パレルモ_003 07062010_01_パレルモ_026 07062010_01_パレルモ_032

ノルマン宮殿を出ると、マルトラーナ教会に向かいました。もう、このあたりの道は散々歩いたので迷うこともありません。この教会も12世紀中旬に建てられています。この教会の内部のモザイクも素晴らしいものです。出来れば、パラティーナ礼拝堂と違う日に見たかったと思いました。
02062010_01_パレルモ_083 07062010_01_パレルモ_036 07062010_01_パレルモ_045

これで、パレルモ観光は終了です。パレルモは世界遺産には登録されていませんが、世界遺産の街以上かもしれません。実際に、イタリアの世界遺産暫定リストには挙げられていて、世界遺産の登録を目指しているのです。但し、街が汚いとの理由で世界遺産には登録されないのかもしれません。そうとしか思えません。
続けて、他のシチリアの街を紹介したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

matsuohj (パパロンチーノ)

Author:matsuohj (パパロンチーノ)
2008年10月20日から2010年8月23日までの1年10カ月ミラノに滞在。その期間、北イタリアを中心に115ヶ所の街を訪ねました。それも、ほとんどが公共交通機関を利用したものです。この経験で得た情報を一人でも多くのイタリア好きの人に伝えるためのブログです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリー名や都市名を記入して、読みたいブログを検索して下さい。
全記事表示リンク
イタリア赴任中に訪ねた115ヶ所の街や村のブログもリストされています。

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ブログの訪問者数です。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
93位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
クリックしてください
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。